職場実習のお願い

 障害のある方の職場実習、受け入れ


◆社会の場で学ぶ貴重な経験

       ●障害のある人の多くは、就職することを通じて、社会に参加し働く喜び

   生きがいを見出していくことを望んでいますが、社会経験を積む機会が少ない

   ため、就職へのイメージが持てずにいます。

    事業主や企業の皆様には、障害のある方が実際の企業等で職場実習を受ける

   機会提供を、お願いしています。実際の社会の場で職場実習を通じて貴重な

   経験することで、働く意味を考え、働く姿勢を学ぶことで、就職への一歩

   なります。

    また、事業主や企業の皆様にとりましては、障害のある人を理解する絶好の

   機会になり、「どんな働きが期待できるだろうか」「いきなり雇用するのは不

   安だな」といった不安や疑問の解消につながります。



◆職場実習の流れ


















◆業務の切り出しの具体例

       ●(1)毎日、定期的に発生する仕事はありませんか?

     (例)郵便物の収発送・仕分け、コピー、清掃、シュレッダー、データ
        入力、他
    (2)量が多い仕事はありませんか?
     (例)製品の簡単な組み立て・検品・梱包作業、商品の袋詰め・箱詰め、荷下ろ
     し、倉庫への搬入・搬出作業、収穫・出荷作業、他
    (3)内容・方法・場所が一定の仕事はありませんか?
     (例)洗濯・乾燥・整理、仕分け作業、他
    (4)反復する仕事はありませんか?
     (例)ライン上での選別、リサイクル品の分別作業、他
    (5)手間を省き、効率よくしたい仕事はありませんか?
     (例)書庫等の整理、ラベル貼り、シュレッダー、他


◆障害のある人が従事している主な業務内容






















実習の◆実習の種類

       ●(1)実習のみ(雇用は前提としないもの)
             ○事業所が、雇用前に対象者の障害特性、性格、能力等を判断する、きっかけ
                になります。
             ○対象者がその仕事を続けて行えるかを判断できます。
             ○各種助成金の対象となる場合もあります。
         (2)雇用前実習(雇用を前提とするもの)
             ○雇用については考えられないが、実習の場として協力いただける事業所を
                対象。
             ○就労経験のない方、能力はあるが社会に出ることが不安な方等の貴重な経験の
                場になります。


◆よくあるご質問

       ●Q1.実習中にケガがあったら、どうなるの?

         A1.福祉事業所でスポット保険に入ります。補償は保険を使って行いますの

                  で、ご安心ください。

         Q2.実習期間はどれくらい?

         A2.事前面談で必要に応じての期間を協議しますが、3日~2週間です。

         Q3.ずっとスタッフの付き添いがあるのですか?

         A3.事前面談と巡回訪問で、その方に応じた対応をお伝えします。必要に応

                 じて付き添います。

         Q4.実習の継続が難しい場合はどうなるの?

         A4.やむを得ない場合には、ご協議のうえ中止にいたします。ご迷惑をかけ

                 続けることはありません。

         Q5.実習中の賃金の支払いはありますか?

         A5.実習期間中の賃金の支払いはありません。



◆センター紹介

       ●社会福祉法人 大和福祉会

    就労移行支援事業所 夢ワークあけぼの

    〒745-0811 山口県周南市五月町6-25

           TEL(0834)33-8501 / FAX33-8502   E-mail:yume-job@apricot.ocn.ne.jp

           URL:http://www.yumejob2013.blogspot.jp




◆夢ワークあけぼの相関図